鉄筋工事における各部位(柱・梁・壁・床など)に対してスポット溶接を用いてユニット化する事により、
施行現場での作業を大幅に軽減し、また、品質のバラつきを減少させ、かつ安全管理を容易にする工法です。
工法の比較
 《在来工法の梁筋組立手順》
 《段取り鉄筋ユニット》
《T型 L型 スラブ 梁 STP ユニット化による配筋手順》
 
   
  ・梁型枠下場又はセパレーターにスペーサーを配置。
・荷上げはSTP(ユニット)を先行し梁内にセットする。
・セット終了後 深い梁より梁下主筋をサン木等を利用し
 配筋圧接する。
   
 
   
  ・圧接後 下主筋を配置 結束する。
・順に浅い梁下筋も同様に配置 結束。
(梁中フープ筋の順番に注意)
・2段宙吊り筋のある場所(上・下共)は順序に気をつけて梁中フープ筋を配置 結束する。
・上主筋下のフープ筋は少し下げて配筋する。
   
 
 
   
  ・はら筋・巾止め筋の配筋 結束。
・スリーブのある場所はセットし補強する。
・上主筋の配筋・圧接。
・圧接後、コーナー主筋はフックをかわしキャップタイを配筋 結束する。
・上主筋下のフープを所定の位置で結束する。
   
 
スポット溶接作業状況
 
 

をスポット溶接する





↑写真をクリックすると溶接作業の
ビデオが見れます。
(Windows メディアプレーヤーで再生。約1分10秒)

●スポット溶接部の検査について 詳細はこちら

毎日作業前に製作するユニットの鉄筋経に応じ、試験片を最初に作成し引張試験を行っています。《飯島鉄筋工業株式会社段取り鉄筋ユニット工法規定による》

 

●主にユニット化するもの

梁スターラップ
床・庇 筋
各種立ち上がり筋
差シ筋 などetc…


ビル建設に

木造住宅基礎に


平成12年度より施行 実績多数!
 
 
★ ★ ★ ★ ★ ★
「建築技術」に掲載!
★ ★ ★ ★ ★ ★

鉄筋ユニット工法が「建築技術」2009年7月号に掲載されました。

【梁鉄筋のユニット化】 p122   【梁鉄筋のユニット化】 p123

 

 

 

 

段取り鉄筋ユニット 評定書

 

   


|   TOP   |   段取り鉄筋ユニット  |   鉄筋ジャバラユニット工法   |   Tヘッド工法   |   会社概要   |